これ以上の「愛してるぜ」はないんだよ、ほんとに - frasm.net

frasm

フラズム
恋と冒険が、僕を大人にしたブログメディア
Update!
    No items.

これ以上の「愛してるぜ」はないんだよ、ほんとに

しびれた。言葉を失った。

嗚咽が出るほどに、胸を震わせた。

アニメ「ピンポン」第6話。コレほどの救いはない。カタルシスの意味を知るわけだ。これは参った。セリフ、演出、声、サブイボが凄い。

モブのいないピンポンにおいて、(あくまでもピンポン内での)凡庸として描かれる[アクマ]。普通ゆえの苦悩や渇望、羨望、苦しみ、乾きってやつは、これまた庶民で普通な自分にじつに染みる。わかる。わからんけど、わかりたい。いや、肌感覚ですごくわかるこの感じ。

ドラゴンにふっとばされ、日本に残る覚悟を持った[チャイナ]。「元」トッププレイヤーゆえの返り咲きへのプレッシャーから開放され、日本に残り仲間とそれなりにうまくやる、ここまでの救いはコミックでも描かれているけど、母親との料理シーン。

ああ、救われる。あああああ、救われる。

生き方ってのはさ、多様性を認められるべきだよ。トップオブトップへの道を目指し勝ち取ることだけが幸せじゃないよ。言い訳でも逃げ口上でも慰めでもなく、クリスマスケーキ越しのチャイナの笑顔、胸がすく。

「ヒーローなどいない。あるのは現実と、それに適合できるものだけが勝者となる事実だ」

ドラゴンは言うが、常勝とはそこまで美しく素晴らしいものだろうか。

チャイナの歌う「浜田省吾」、海王真田のティッシュ、ひたすら体をいじめるドラゴン。染みる。苦い。苦すぎる。

「ところが耐え忍ぶばかりのこの戦型は、俺の性にまるっきり合わねーときてる。」

「飛べねー鳥もいる。」

「競争原理から離れることで見える景色さ」

「浅瀬で溺れるバカ一人、俺が救った顛末だ。」

「お前は沖にすら出ちゃいねぇ」

わかるだろう? どうして[アクマ]のセリフが刺さるのか。背中を押すかっこよさ。[チャイナ]の笑顔で泣けるのか。才能があろうがなかろうが、何処に立とうが座ろうが、それぞれの立ち位置で僕らは傍から見れば些細だけど、自分の中ではトイレに篭るほど悩み、苦悩している。

「俺、卓球でてっぺん取りたいんだ」

「半端な覚悟は時間の無駄だよ?覚悟しなペコ」

野沢雅子よ、むしろ俺がお前を愛してる。

WASTED TEARS

2,100円
(2014.05.16時点)
posted with ポチレバ
-スポンサーリンク-
Follow!

オススメのカルチャーなこと はコレ!

コメントを残す

frasm
Follow!